乳腺クリニックとは

当院は、女性のための乳腺専門クリニックです

乳がん検診、乳がん術後・治療後のフォローアップ、検診で異常が見つかった際の乳房精密検査などをおこなう専門クリニックです。
乳腺に関する悩みに寄り添い、女性のみなさまをサポートいたします。

診察内容

乳がん検診(自費)

症状をない方を対象とした、視触診、マンモグラフィや超音波による乳がん検診を行います。

検診A(視触診+マンモグラフィ+超音波※1) 15,400円(税込)
検診B(視触診+超音波※1)  8,800円(税込)

※1 当院では乳腺専門医による検査と説明を行っております。

乳房精密検査(保険診療)

乳房に症状※2がある方、乳がん検診で精密検査が必要になられた方は当院で詳しい検査をお受けいただけます。
マンモグラフィや超音波検査などの画像検査、必要に応じて細胞診や針生検などを行います。
良性病変の経過観察も行います。
※2 乳房の痛み、しこり、ひきつれ、乳頭分泌物、皮膚の赤み、乳頭の異常などの症状

乳がん治療

手術を受けられた病院と連携をとり、乳がん術後のフォローアップ診療を行います。内分泌療法(内服ホルモン剤治療、注射など)、マンモグラフィ、乳房超音波検査、血液検査、骨密度検査など
※聖路加病院で治療を受けられた方は、診療情報提供書がなくても受診可能です。
※その他の医療機関で治療を受けられた方は、診療情報提供書をご用意ください。

検査内容について

一般検査

視触診

乳房の痛み、しこり、ひきつれ、乳頭分泌物、皮膚の赤み、乳頭の異常などの症状がないか等のチェックをします。

マンモグラフィ

マンモグラフィマンモグラフィは乳房X線撮影検査のことで、乳房内のしこりや石灰化、がんの周辺組織に特有なひきつれなどを発見することができます。石灰化はほとんどが乳腺症などの良性疾患で生じますが、乳がんの場合も死んだがん細胞などの組織が固まって小さな石のようになった石灰化が起こることがあり、早期発見につながります。石灰化は白い小さな粒として見え、他の検査ではなかなか発見が難しいためマンモグラフィ検査が有効です。また、がんの周辺組織に特有なひきつれを発見できるのもマンモグラフィの利点です。がんを直接発見するだけではなく、こうした間接的な所見により乳がんの早期発見につながることがマンモグラフィの特徴になっています。

乳房超音波検査(乳房エコー)
乳腺エコー超音波を当てて内部の状態を調べる検査です。超音波検査は胎児の検査にも使われるほど安全性が高く、圧迫も行わないため患者様に負担のない検査です。小さなしこりの発見に最も適した検査法ですから、マンモグラフィと組み合わせて超音波検査を行うことが大切です。
精密検査(穿刺吸引細胞診・針生検)

検査でしこりが発見された場合、良性か悪性かより確かな判断をする場合に行います。超音波で位置を確認しながら針をしこりに刺し、細胞を採取して顕微鏡検査を行います。穿刺吸引細胞診は細い針を使って採取し、良性か悪性かの判断が可能です。一方、針生検では組織採取用の特殊な針を使用して採取を行い、顕微鏡検査で確定診断が可能です。針生検により、摘出手術をせずに確定診断ができるためお体への負担が少なくなっています。

このような症状があれば当院へご相談ください

乳房にしこりのようなものを感じる

乳房に触れると中に何かあるような感触がある、違和感があるといった場合は、乳腺クリニックを受診してください。マンモグラフィや超音波検査を受けることで、疾患の有無がその日のうちにわかります。しこりは乳腺症などの良性疾患でもよく生じますが、乳がんの場合は早期発見につながる可能性がありますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

乳頭からの分泌液

授乳期以外に乳頭から分泌液が出ることがあります。これはさまざまな疾患で生じる症状ですが、乳がんが原因になっていて生じていることもあります。ごく初期の乳がんが乳管内で発見される可能性がありますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

乳房の痛み

痛みはトラブルのサインであり、乳房や胸の痛みは乳腺疾患やそれ以外の疾患で起こる症状です。早期の治療が重要な疾患がいくつもありますし、まれに乳がんでも痛みの症状を起こすことがあります。乳房や胸の痛みがある場合には、疾患の有無を調べるためにも気になる方はお気軽にご相談ください。

要精密検査の指摘

自治体が行う乳がん検診や人間ドックなどで「精密検査が必要です」と言われた場合には、早めに乳腺クリニックを受診して専門医による適切な検査を受ける必要があります。

自覚症状がない方で乳がん検診をご希望されているケース(自費診療)

マンモグラフィ検査は乳房を強く圧迫しますので痛みがともなうケースが多いのですが、その苦痛は検査を行う技師の技術・知識・経験、使用する検査機器によって変わります。当院ではマンモグラフィ検査の経験豊富な女性の放射線技師が検査を行っており、使用する検査機器も患者様のご負担がより少ない最新のものを導入しています。デジタル画像をモニターで確認して診断できるため、高い精度の検査を短時間に行うことが可能です。

乳がん検診の流れ

Step1受付

受付問診票にご記入いただき、保険証の確認をさせていただきます。

Step2お着替え

お着替えマンモグラフィ撮影予定の方は検査着にお着替えいただきます。

Step3問診

問診看護師による問診を行います。

Step4マンモグラフィー(検診A)

マンモグラフィー(検診A)女性技師が優しく対応します。

Step5乳房超音波検査(検診A,B共通)

乳房超音波検査(検診A,B共通)女性乳腺専門医による超音波検査で丁寧に拝見します。

Step6結果説明

結果説明医師がモニターで検査画像をお見せしながら当日の検査結果をお話しいたします。

Step7お会計

お会計お着替え、お会計をして検診は終了です。(1万円以上よりカードでのお支払いが可能です)
お疲れさまでした。

一番上に戻る
TEL.03-3545-0880 WEB予約WEB予約WEB問診表WEB問診表