メディカルフィットネス

乳がん経験者に運動が重要な理由

乳がん経験者は治療の過程で、体力低下、体重増加、倦怠感、メンタルヘルスの悪化など、様々な健康課題が指摘されています。適度な運動は、上記の健康課題の改善に効果的であり、日本乳癌学会やアメリカスポーツ医学会でも乳がん経験者の運動が推奨されています。

運動と乳がん再発予防

乳がんと診断された後に肥満度が上昇した患者さんにおいて、乳がん再発リスクが上昇することはほぼ確実です。筋力トレーニングやジョギングなどの運動は体重管理に効果的で、乳がん再発予防が期待できます。
また、一定以上の運動(週に1時間程度のウォーキングに相当)をおこなった女性では、ほとんど運動していない女性に比べて、乳がん再発リスクが約25%低いことが報告されています。
日本乳癌学会「患者さんのための乳がん診療ガイドライン2019年版」より

運動で体力や疲労感が改善します

乳がん経験者は治療の過程で持久力や筋力が低下し、疲労感を感じやすいことがあります。その場合でも、適切な運動をすることで体力アップや疲労軽減が見込めます。

運動はメンタルヘルスの改善に効果的です

治療の中で、不安な気持ちが強まったり、気分の浮き沈みが激しくなることもあります。運動は気持ちを楽にしたり、マイナスな気持ちを和らげる効果が期待できます。

ジムの設備

  • カウンセリングスペース
  • トレーニングスペース
  • 更衣室、化粧台

パーソナルトレーナー紹介

奥松功基。2015年に母が乳がんと診断されたことをきっかけに、筑波大学大学院で乳がん経験者向けの運動と食事の研究を始めました。修士論文・博士論文共に乳がんと運動・食事関連で執筆し、複数の国際学会や国際誌で乳がんと運動について発表。根拠に基づいた運動・食事サポートを行います。

略歴

2015年 立命館大学 スポーツ健康科学部卒業
2018年 筑波大学大学院 体育学専攻卒業(修士)
2021年 筑波大学大学院 スポーツ医学専攻卒業(博士)

資格

博士(スポーツ医学)、修士(体育学)、中高保健体育教員免許、健康運動指導士

学術論文
  • Okumatsu K, Tsujimoto T, Wakaba K, Seki A, Kotake R, Yamauchi T, Hirayama S, Kobayashi H, Yamauchi H, Tanaka K. Effects of a combined exercise plus diet program on cardiorespiratory fitness of breast cancer patients. Breast Cancer 26(1): 65-71. 2018.
  • 奥松功基, 辻本健彦, 若葉京良, 関晶南, 固武利奈, 山内照夫, 平山智, 小林弘幸, 坂東裕子, 山内英子, 田中喜代次. 日本人乳がんサバイバーの体力水準. 体力科学 67(2): 169-176. 2018.
学会発表
  • 金井久子, 奥松功基, 固武利奈, 立花夏子, 細川恵子, 山内英子. 乳がん患者における過活動膀胱とホルモン治療との関連. 第28回日本乳癌学会学術総会. Web開催. 2020.
  • 奥松功基, 中田由夫, 山内英子. 乳がん患者の体重変化とホルモン療法および身体活動量、食事摂取量との関連. 第19回日本体育測定評価学会. 紙面開催. 2020.
  • 奥松功基, 山内英子, 中田由夫. 乳がん患者の体重変化と関連する要因の包括的検討: 研究デザイン. 第74回日本体力医学会大会. 口頭発表. 2019.
  • Okumatsu K, Tsujimoto T, Seki A, Kotake R, Yamauchi T, Yamauchi H, Tanaka K. Effects of a combined exercise plus diet intervention on cardiorespiratory fitness among Japanese women with breast cancer: a feasibility study. 40th San Antonio Breast Cancer Symposium. Poster Presentation. 2017.
  • Okumatsu K, Tsujimoto T, Seki A, Kotake R, Yamauchi T, Yamauchi H, Tanaka K. Effects of a combined diet plus exercise intervention on weight loss, physical fitness, and cancer-related fatigue among Japanese women with breast cancer. The annual meeting of American society of clinical oncology. Abstract only. 2017.
  • 奥松功基, 辻本健彦, 若葉京良, 王震男, 関晶南, 固武利奈, 山内照夫, 山内英子, 田中喜代次. 内分泌療法中の乳がん患者における食習慣改善および運動実践が活力年齢に及ぼす影響. 第72回日本体力医学大会. 口頭発表. 2017.
  • 奥松功基, 田中喜代次, 辻本健彦, 北川瞳, 山内英子. 運動習慣の有無による乳がん患者の体重および体力に関する検討. 第34回日本肥満症治療学会学術集会. ポスター発表. 2016.
メディア出演・書籍
  • NHK 「今日の健康」 2021. 3.3放送
  • 山内英子, 松元紀子, 広瀬真奈美.(協力: 奥松功基). 乳がん術後の心と体を守るダイエット. 女子栄養大学出版部. 2020.
  • 奥松功基, 田中喜代次, 山内英子. がんサバイバーシップとフィジカルフィットネス. がんの理学療法, 252-256. 三輪書店. 2017.
一番上に戻る
TEL.03-3545-0880 WEB予約WEB予約WEB問診表WEB問診表